13試合連続盗塁の周東にコミッショナー特別賞 工藤監督、原監督が最優秀監督賞

西日本スポーツ

 日本野球機構(NPB)は14日、今季のコミッショナー特別表彰、セ、パ両リーグの連盟特別表彰を発表した。

 コミッショナー特別表彰では、プロ野球記録を更新する13試合連続盗塁を達成した福岡ソフトバンクの周東佑京内野手(24)が特別賞を受賞。パ・リーグ連盟特別表彰では、チームを3年ぶりのリーグ優勝に導いた工藤公康監督(57)が最優秀監督賞に選ばれた。

 セ・リーグ連盟特別表彰では、2年連続リーグ優勝を導いた巨人の原辰徳監督(62)が最優秀監督賞。プロ野球新記録となる開幕戦からの13連勝を達成した巨人の菅野智之投手(31)と、二塁手としてプロ野球初の守備率10割を記録した広島の菊池涼介内野手(30)が特別賞に選ばれた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ