鷹・千賀&甲斐が史上初!育成出身バッテリーでベストナイン「まだまだ精進」「もっとふさわしく」

西日本スポーツ

 セ、パ両リーグのベストナインが16日に発表され、4年連続日本一のソフトバンクからは千賀滉大投手、甲斐拓也捕手、柳田悠岐外野手の3人が選ばれた。

 千賀は投手部門で2年連続2度目の受賞。「2年連続で選んでいただき、とてもうれしく思っています。また来年もという気持ちですが、他にも良い投手はいますし、まだまだ精進しないといけません」と球団を通じコメントを発表した。

 甲斐は捕手部門で3年ぶり2度目の受賞。同様に「まさか選ばれるとは、という気持ちです。ただ、自分では今季の結果に満足していないので、もっと受賞にふさわしくなるよう、さらに頑張っていきたいです」とコメントした。育成出身投手・捕手の同時受賞は今回が初めてだ。

 セではリーグ2連覇を果たした巨人から、本塁打と打点の2冠に輝いた岡本和真内野手ら12球団最多の5人が選出された。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ