35歳になる明石と複数年契約 ソフトバンクの思い「年俸の95%は選手」残り5%は…

西日本スポーツ

 2018年からの3年契約が終了したソフトバンク明石は、3500万円減の年俸6500万円で新たに2年契約を結んだ。

 17年目の今季は右手首痛で離脱した影響もあり、出場63試合で打率2割5分3厘、2本塁打、17打点にとどまった。来年1月で35歳を迎えるベテランは「この年齢で複数年契約を結んでもらえるのはありがたい」と感謝を口にした。

 球団からは「年俸の95%はプレーヤーとしての評価。5%分は後輩への指導を期待している」と伝えられたという。「できる範囲でアドバイスはしていきたい。何より若手と互いに刺激しあって自分自身も成長していきたい」と来季に向け意気込んだ。 (金額は推定)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ