ウエスタン打撃2冠ソフトバンクのリチャード「来年は1軍でホームランを」

西日本スポーツ

 今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰する「NPB AWARDS(アワーズ) 2020」が17日、東京都内で開かれた。第1部ではファーム表彰式が開かれ、福岡ソフトバンクの大竹耕太郎投手(25)、佐藤直樹外野手(22)、三森大貴内野手(21)、リチャード内野手(21)の4選手がオンラインでコメントした。

 大竹(最優秀防御率2・53、最多勝利6勝、勝率第1位6割6分7厘)「頑張った結果として賞を三つ取れたことはよかった。1軍を常に意識して課題克服に取り組んだ。来年は1軍で投げ続けられるようにしたい」

 佐藤直(最多盗塁20個)「素直にうれしい。毎日試合が続くのは初めてだったので、考えの整理や体のケアに重点を置いた。今年は1軍に一度も上がれなかったので、来季は開幕1軍を目指す」

 三森(首位打者3割2分3厘、最高出塁率3割9分7厘)「1年間けがなく過ごせて、2軍では結果を残せたことはよかった。センター中心に打ち返すことを意識した結果。来年は1年間1軍で戦い抜きたい」

 リチャード(最多本塁打12本、最多打点47打点)「シーズン前半は試合に出ることで精いっぱいだったけど、後半は自分の持ち味を少しは出せたかなと思う。来年は1軍でホームランを打ちたい」

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ