新人王の西武平良がMVP男に掛けられた「うれしかった」言葉

西日本スポーツ 小畑 大悟

 今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰する「NPB AWARDS(アワーズ) 2020」が17日、東京都内で開かれ、西武の平良海馬投手(21)がパ・リーグの最優秀新人(新人王)に選ばれた。

 新調した黒のスーツに身を包み、平良は緊張した面持ちで登壇した。小深田(楽天)との19票差の接戦を制して新人王を獲得。西武では2017年の源田、チームの投手では11年の牧田(現楽天)以来の受賞で、沖縄出身選手では両リーグを通じて初の快挙だ。

 「うれしかった。不安だったので取れて良かった。後半の方は意識していました」。2カ月ほど前にオーダーしたスーツは、ウエートトレーニングで体が大きくなったため、少し小さめになっていた。

 最速160キロの剛速球を武器に中継ぎとしてリーグ最多タイの54試合に登板。1勝1セーブ、33ホールド、防御率1・87の記録を残した。とりわけ日本一のソフトバンクに対しては9試合、計8回2/3で無失点、さらに被安打ゼロと圧倒。「1位のチームなので緊張感がある中で投げていた。僕ができるのはゼロに抑えること」と言い切った。

 主軸の柳田も5打席無安打に抑えた。MVP男から5日のソフトバンクファン感謝イベントで最も苦手な投手に挙げられ「平良は打ったことがないので来季こそ打ってやろうと思う」と宣戦布告をされた。そして今回、会場で顔を合わせた。「『球速いね』って直接言ってもらえてうれしかった。フルスイングをしてくるのでそれに負けないように力強く投げた。(来年も)本塁打を打たれないように頑張る」と力を込めた。

 来季4年目の21歳は、次のターゲットを最優秀中継ぎに絞っている。「(セットアッパーは)契約の面でも良い評価をしてもらえたので本当にやりがいがある。この賞に恥じないように皆さんに感謝しながら頑張っていきたい。(来年も)すごい方々の中で表彰されたいですね」。豪腕のプロ人生は始まったばかりだ。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング