日本シリーズMVPのソフトバンク栗原は4・4倍の年俸4400万円「来季はフル出場&打率3割」

西日本スポーツ

 日本シリーズMVPに輝いたソフトバンクの栗原陵矢捕手(24)が18日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1000万円の4・4倍となる4400万円でサインした。

 スーツ姿で会見した栗原は「すごくうれしい。こんなに大きく上がることはなかった。素直にありがたいです」と笑みを浮かべた。6年目で飛躍を遂げた背景には同学年へのライバル心があったといい、「(同学年の)笠谷や松本の活躍はすごく刺激になった。去年は甲斐野があれだけやって負けたくないと頑張ったところもある」と明かした。

 今季は初の開幕スタメンに名前を連ねた6月19日のロッテ戦でサヨナラ打を放つと、自己最多の118試合に出場するなど大ブレーク。打率は2割4分3厘ながら、17本塁打、73打点はともに柳田に次ぐチーム2位の好成績だった。巨人との日本シリーズでは第1戦で菅野からの2ランを含む3安打4打点の活躍を見せるなど、全4試合で14打数7安打の打率5割、1本塁打、4打点をマーク。来季の目標については「フルイニング出場と打率3割を目指したい」と力強く語った。(金額は推定)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ