ソフトバンク栗原が挑む長谷川以来の偉業「もっと引き出しないと」

西日本スポーツ 長浜 幸治

 福岡ソフトバンクの栗原陵矢捕手(24)が18日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸の1000万円から4・4倍となる4400万円でサインした。今季は6年目で初めてレギュラーの座をつかみ取り、巨人との日本シリーズでは最高殊勲選手(MVP)を獲得。大幅昇給を果たした24歳は、来季の目標に「フルイニング出場&打率3割」を掲げた。

 想像以上の金額に思わず笑みがこぼれた。「すごくうれしい。ここまで大きく上がることはなかったので」。今季年俸の1000万円から実に340%アップの4400万円。チームでは300%アップでサインした笠谷(550万円→2200万円)を抜き、今オフに契約更改した選手では最大の昇給率となった。

 最も評価されたのは勝負強さだった。今季の得点圏打率はリーグ5位の3割3分3厘。6年目で初めてレギュラーとして118試合に出場し、同4位の73打点をマークした。巨人との日本シリーズでは初戦にエース菅野から先制2ランを含む3安打4打点を挙げるなど活躍しMVPに輝いた。「ここぞという場面で打ってくれたと(球団に)言ってもらえた」と喜んだ。

 一方で話題が来季に向くと、すぐに表情を引き締めた。「来年が実質2年目のシーズンだし、浮かれるわけにはいかない。(試合中に)代えられているようじゃ駄目」。今季、118試合に先発出場し、そのうち途中交代したのは15試合(代打3、代走3、守備交代9)だった。「1年間やって途中で代えられる悔しさも大きかった。やっぱり最後まで試合に出続けたい」

 来季の目標に掲げたのがフルイニング出場だ。「打撃面で圧倒的な数字を残さないといけない」。そのための課題は今季2割4分3厘に終わった打率の向上だ。「3割は残したい」。チームでシーズンフル出場&打率3割超えを達成したのは2013年に首位打者を獲得した長谷川が最後。高いハードルに挑む。

 来年1月初めからは3年連続で中村晃と自主トレを行う。「調子が悪くなったとき、立ち直るのにすごく時間がかかった。もっと引き出しがないと1年間安定した数字は出せない。その部分で晃さんに話を聞きたい」。真のレギュラーとなるため、24歳はストイックに突き進む。(金額は推定) (長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ