最終節に鳥栖の金明輝監督が涙 九州ダービーは引き分け「僕の力がもう少しあれば」

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第34節 鳥栖2-2大分(19日、駅前不動産スタジアム)

 鳥栖と大分の九州ダービーは、点の取り合いで引き分けに終わり、鳥栖が13位、大分が11位でシーズンを終えた。

 前半に大分が渡のゴールで先制し、後半に鳥栖が小屋松のゴールで追いついた。さらに後半に互いが1点ずつ奪いあい、同点となった。

 今季はJ2の福岡がJ1昇格を決めたため、来季のJ1は九州から鳥栖、大分の3クラブが競い合うことになる。

 金明輝監督は試合後のインタビューで「選手たちはやりきってくれたと思います。選手たちの成長を実感した。僕がもう少し力があれば」と目に涙を浮かべながら話した。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング