1区で爆走、区間賞の酒井美玖 金メダリスト野口みずきと重なる天性の走り

西日本スポーツ 喜瀬 雅則

 女子第32回全国高校駅伝は20日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点とする5区間21・0975キロで争われ、2年ぶりに出場した北九州市立(福岡)が同校最高順の4位入賞を果たした。1区の酒井美玖(3年)が2位に22秒差をつけて区間賞に輝く激走で上位へ導いた。2年ぶりの優勝を狙った神村学園(鹿児島)は2年連続の準優勝だった。 身長150センチの“小さなエース”が北九州市立を同校史上最高の4位入賞に導いた。1区の酒井美玖(3年)が2位に22秒差をつける19分18秒の独走で区間賞を獲得。「集団で走るより、一人の方が好きなんです」とスタートから飛び出した。

 後半に上りが続く難コースにも「怖い部分もありましたが、最初に飛ばしてもカバーできると思って走りました」。後続の強豪校が駆け引きを繰り返し、集団のスピードが上がらない中、一度もトップを譲らなかった。

 福岡県大会1週間前に出場した広島での3000メートルのレースで転倒。以前から痛めていた右股関節が「衝撃で少し悪くなった」。そのアクシデントも乗り越え、最後の全国大会で開花した酒井の潜在能力を荻原監督は「底知れない」と表現。「上り坂でも、ゴムまりのように弾む走り」と、その将来像をアテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきにダブらせる。卒業後は実業団のデンソーで五輪を目指すという酒井にとって都大路は、世界へつながる“助走路”になったのかもしれない。 (喜瀬雅則)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング