ソフトバンク松田は現状維持4・5億円 球団と「ポスト熱男」について意見交換

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの松田宣浩内野手(37)が21日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨んだ。来季は2年契約の最終年で、現状維持の年俸4億5千万円プラス出来高払いでサインした。

 15年目の今季は116試合に出場し、打率2割2分8厘、13本塁打、46打点をマーク。8年連続2桁本塁打を達成した一方、9月10日の楽天戦に欠場し、2014年8月26日から続いていた連続試合出場が815試合で途絶えた。

 今季について「球団からはチームの先頭に立って引っ張ってくれたと評価してもらった。自分の数字には満足はしていないし、反省すべき点が多い」と振り返った。自身の後釜については「球団と『ポスト熱男』をどうしようかという話になった。(三塁の)ポジションではなく、チームの先頭で声を出して盛り上げられる選手を早く見つけないといけない」と後継者が出てくることを期待した。

 来季に向けては「最多安打を取れるくらい、ヒットをたくさん打てる技術を身に付け、いい2021年にしたい」と意気込んだ。年明けの自主トレは昨年に続きチームメートの牧原大、水谷のほか、他球団の選手とともに宮崎県内で行う予定だ。(金額は推定)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ