6・1億円更改の柳田「もっとできたんじゃないか」MVPでも反省の弁

西日本スポーツ

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が23日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、4000万円増の年俸6億1000万円プラス出来高でサインした。日本人野手では2002年松井秀喜(巨人)に並ぶ歴代最高額となった。

 今季は119試合に出場し打率3割4分2厘、29本塁打、86打点。リーグ最多146安打を放ってリーグ優勝を導き、2度目のMVPにも輝いた。

 その中でも課題は見つかったかとの問いに「今年に関してはホームランは途中止まりましたし、そこですね」と即答。後半戦に出場11試合連続ノーアーチが2度あった。「コンディションが落ちてきたときにもっとできたんじゃないかなとは思います。そこが一番の課題ですね」と高い理想を口にした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ