りんご農家の実家建て替えた西武外崎、次はポジション築く GG賞の二塁で1本勝負

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武の外崎修汰内野手(28)が、来季の二塁手での「一本勝負」を誓った。内外野をこなすユーティリティープレーヤーは、自身初のゴールデングラブ賞を二塁手部門で受賞。改めて「二塁のレギュラーとして頑張りたい」と強調した。

 今季はチームで唯一全試合にスタメン出場。二塁が104試合、外野は16試合で、山野辺が台頭した終盤は外野での起用が増えた。「二塁でレギュラーで出ていると、パッと外野で出たときの感覚が全く次元の違うものだった」と明かす。

 万能だからこその起用法ともいえるが、打撃主要3部門で昨季の成績を大きく下回ったこともあり、外崎は「打撃の調子が悪くて外野に回されたのかなと思っている。そうならないように打撃を鍛えて、あまり外野を守らないようにしたい」と話す。

 本来の打撃を取り戻すことが、二塁定着への近道。「(今季は)打撃フォームが不安定になって、いらない考えが出た。自分のタイミングで打てるようなフォームをつくる」。オフにはリンゴ農家の青森の実家を建て替えた孝行息子が、チームでは遊撃の源田とともに鉄壁の二遊間を築く。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング