「キャリアハイは最低ライン」ソフトバンク柳田、契約更改後に語った来季の課題

西日本スポーツ 山田 孝人

 ゴジラに並んだ!! 福岡ソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が23日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み4000万円増の年俸6億1000万円プラス出来高払いでサインした。変動制の7年契約の1年目となる今季は5年ぶり2度目のパ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝き、プロ野球では2002年の松井秀喜(巨人)と並ぶ日本選手の野手最高額に達したスーパースターは慈善活動への強い思いも改めて口にした。(金額は推定)

 「ギータ伝説」に新章が加わった。7年契約1年目の今季は2度目のリーグMVP。この日サインした来季の年俸6億1000万円は、02年の松井秀喜と並ぶ日本野手の最高額で「MVPを取れたことや、攻撃面全てを評価してもらった」と喜んだ。

 米メジャー挑戦を長期契約で封印して臨んだ今季は打率3割4分2厘、29本塁打、86打点。146安打で最多安打のタイトルも獲得するなど、左脚のけがで38試合にとどまった昨季から完全復活し、3年ぶりのリーグ制覇と4年連続日本一の原動力となった。

 今季はコロナ禍で6月の開幕当初は無観客で、その後も入場制限がある試合が続いた。「球場に見に来られないファンの方にも、テレビ越しにいいプレーを見せたかった。チームとしても、個人的にもいいプレーを見せられたんじゃないかな」と振り返った。

 多くの人への感謝は行動でも示し続けている。今季も本塁打1本につき30万円を寄付。家庭の事情で家族と暮らせない子どもを支援する福岡市のNPO法人「SOS子どもの村JAPAN」と、飢餓ゼロを目指す「国連世界食糧計画(WFP)」が分け合った。

 「(慈善活動を)もっとしないといけない。他に困っている人もすごいいるし、テレビとかでも見る。どうやればいいのか、さらに(寄付などを)増やす形で考えたい」。本塁打数に応じた寄付だけでなく、さらに「パワーアップ」した活動にも取り組む覚悟だ。

 そのためにも、今季29本だった本塁打の量産をもくろむ。「本塁打が途中止まった。(反省は)そこです」。9月以降に出場11試合連続ノーアーチが2度もあっただけに「コンディションが落ちたときにもっとできたんじゃないか。そこが一番の課題」と口にした。

 来季は「本塁打をたくさん打って、たくさんの寄付をしたい。キャリアハイは最低ライン」。自己最多の18年の36本の更新はもちろん、40本の大台超えも見据える。一本でも多くのアーチを放ち、一人でも多くの人を助けたいという気持ちがあるからだ。

 年明けは佐賀県嬉野市で自主トレを行い、ロッテ安田やチームの後輩真砂らと汗を流す。「(安田ら)いい打者を見て勉強することはたくさんある。自分も勉強させてもらう」。さらなる活躍を目指し、入念かつ貪欲に準備を進める。 (山田孝人)

 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ