資金難のJ1鳥栖 佐賀県知事「一緒に支えていく」、経済団体中心に支援組織発足

西日本スポーツ 金子 晋輔

 経営難に直面するJ1サガン鳥栖を応援しようと、佐賀県内の経済団体を中心にした支援組織「サガン鳥栖AID(エイド)」が24日、発足した。発起人が県庁で山口祥義知事に設立趣意書を手渡し、支援を要請。知事は「みんなで一緒になって支えていく」と前向きな姿勢を見せた。

 発起人には県商工会議所連合会、県商工会連合会、県中小企業団体中央会、佐賀経済同友会など10団体のトップが名を連ねた。県商議所連合会の陣内芳博会長によると、サガン鳥栖運営会社の竹原稔社長が19日に退任を表明した後から動きだしたといい、具体的な支援策は未定。陣内会長は「子どもたちにとって夢のプロスポーツを地域に根付かせていきたい」と話した。

 サガン鳥栖は2020年度決算で約10億円の債務超過となる見通し。Jリーグの特例措置で、来季のJ1クラブライセンスは付与されるが、資金難によりクラブ存続が危ぶまれている。

(金子晋輔)

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング