続投決定の長谷部監督の「目標からの逆算」 私の「明るい予測」の理由とは (2ページ目)

西日本スポーツ

アビスパのここまで

 12月13日 ホームで京都を2-0で破る。後半にサロモンソンと遠野大弥がゴールを決めた。勝ち点を78とし、昇格に王手をかけた。

 同16日 アウェーで愛媛に2-0で勝利。前半に山岸祐也が先制点を決め、遠野大弥が3試合連続のゴール。持ち味の堅守で逃げ切った。勝ち点を81とし、3位の長崎が引き分けたため、5年ぶりのJ1昇格が決定。過去2005、10、15年と「5年周期」で昇格を決めてきた歴史が繰り返された。

 同19日 鈴木惇と来季の契約を結ばないことを発表。

 同20日 ともにJ1昇格を決めている首位徳島とホームで戦い、今季最終戦を1-0の勝利で飾った。前半に石津大介が挙げた先制点を守り切った。徳島と勝ち点84で並んだものの、得失点差で上回れずに優勝はならなかった。

 同21日 スペイン出身のGKセランテスが今季限りで退団すると発表。19年に加入し、通算67試合に出場。守護神として今季も26試合に出場し、昇格に貢献した。

 同22日 長谷部茂利監督の来季続投を発表した。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング