ソフトバンク東浜が新型コロナ感染 球団発表

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは25日、東浜巨投手(30)が新型コロナウイルス陽性と判定されたと発表した。発熱症状はなく、保健所の指示で当面は自宅療養とする。

 右肩の不調のため巨人との日本シリーズを欠場。福岡県筑後市のファーム施設でリハビリを続けていた。

 8年目の今季は自身初の開幕投手を務め、19試合に登板。9勝2敗、防御率2・34の成績を残した。

 球団によると東浜は20日に受けたPCR検査(症状の有無に関わらず、球団施設利用者に義務づけているスクリーニング検査)では陰性判定。21日にPCR検査(スクリーニング検査)を受け、24日に陽性判定された。25日朝、福岡市内の病院で抗原検査、PCR検査を受け、陽性確定の診断を受けた。

 感染は検査を行った病院から所轄の保健所に報告され、球団から日本野球機構(NPB)に報告。東浜と接触のあったチームスタッフ3人は当面、自宅待機とし、濃厚接触者に該当するか保健所の判断を仰ぐ。20、21日のPCR検査で東浜以外に陽性判定を受けた選手、チームスタッフはいないという。
 
 また2軍本拠地のタマスタ筑後など球団施設は一定時間ごとに消毒を行っており、再度の消毒を完了したという。

 ソフトバンク選手の新型コロナウイルス感染が判明するのは、8月の長谷川に続き2人目となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ