西武辻監督がコーチにカツ「話にならん」選手の“ちゃん”付け禁止

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武の辻発彦監督(62)が今季のテーマに「変わる勇気」を掲げた。昨季は自慢の“獅子脅し打線”が不発に終わり、リーグ3連覇を逃した。選手はもちろんコーチ陣にも意識改革を促し、戦う集団へと変革を遂げる。

 今季の戦いを見据えた指揮官が語気を強めた。「変わる勇気。そういう話をしようと思っている。選手にはある程度話したけど、コーチに。『ちょっと甘く野球をやっているんじゃねえぞ』って、怒ってやろうかと思って」とまくし立てた。

 V3を逃したが、1軍には野田バッテリーコーチが加わった以外、顔ぶれは大きく変わっていない。コーチと選手との“距離感”に触れ、辻監督は「甘ちゃんじゃ駄目だよ。そういうところから変えていかないと。選手とコーチが仲良くしているようじゃ。(コーチが選手に対して)『○○ちゃん』と言っているようじゃ話にならん」とちゃん付け禁止令を出した。

 スローガンの「BREAK IT」を合言葉にV奪還に向けて変化を恐れない。「優勝するために何を変えないといけないか考えて戦わないといけない」。新しい獅子軍団が2021年に挑む。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング