J1昇格の福岡に朗報、DFサロモンソンは残留 昨季J2アシスト王、期限付きから完全移籍へ

西日本スポーツ

 昨季J1広島からアビスパ福岡に期限付き移籍をしてチームのJ1昇格に貢献した元スウェーデン代表DFエミル・サロモンソン(31)が今季も福岡に残留することが5日、分かった。関係者によると広島との契約は昨季限りで、福岡は完全移籍での獲得を進めているという。

 豊富な運動量と高精度のキックが持ち味のサロモンソンは昨季主に右サイドバックとして39試合に出場。最終盤の昨年12月13日のホーム京都戦で先制点を決めるなど2得点を挙げ、サイドからのクロスやセットプレーのキッカーとしてJ2リーグ最多の10アシストをマークした。

 福岡はFW遠野大弥(21)やDF上島拓巳(23)といった昨季のチームの中心となった期限付き移籍選手が所属元に帰るケースが続いていただけに、攻守で存在感を放つサロモンソンの残留は明るい材料だ。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング