ソフトバンクD5田上が1カ月遅れの入団会見「おじさんより活躍できるように」

西日本スポーツ

 昨秋のドラフト会議で、福岡ソフトバンクからドラフト5位で指名された田上奏大投手(18)=大阪・履正社高=が6日、ペイペイドームで1カ月遅れの入団会見に臨んだ。昨年12月上旬に行われた入団会見時は、同高で新型コロナウイルスの陽性者が確認され、休校措置が取られていたため欠席していた。

 叔父は元ソフトバンク捕手でベストナインにも輝き、現在は大産大付高で監督を務める秀則氏だ。叔父と同じ背番号「70」を背負う若タカは「おじさんより活躍できるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ