春高バレー2連覇へ快勝発進 東九州龍谷を引っ張ったのは1、2年生

西日本スポーツ

 ◆バレーボール全日本高校選手権(春高バレー)女子2回戦 東九州龍谷(大分)2-0富山第一(富山)(6日、東京体育館)

 女子で大会2連覇を狙う東九州龍谷が、ストレート勝ちで危なげなく初戦を突破した。

 前回大会の最優秀選手で162センチのエース室岡主将だけでなく、前回大会を経験した折立、佐村の2年生コンビも着実にポイントを挙げ、春高初出場の1年生も躍動した。

 下級生の活躍もあり打数が減った室岡主将は「助かった。1年生も2年生のプレーに引っ張られたので良かった。久しぶりの全国大会で、いい試合になった」とうなずく。

 コロナ禍で全国総体、国体がなくなり、春高が唯一の全国大会。「日本一を取りにいく」と力強く誓った。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング