ソフトバンク3年目のドラ1甲斐野が結婚「苦しいときも支えてくれた」プロ入り前からの交際実る

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの甲斐野央投手(24)が8日、静岡県出身の女性(25)と年明けの2日に結婚したことを明かした。プロ入り前からの交際を実らせた右腕は、筑後のファーム施設でのリハビリ後に「苦しいときも支えてくれた。守るものができたし、奥さんのためにも自分のためにも、もっと活躍して幸せにできるようにしたい」と語った。今オフに退寮し、既に新婚生活をスタートさせている。

 甲斐野はドラフト1位で2019年に入団。ルーキーイヤーはチーム最多の65試合に登板し、ポストシーズンもフル稼働して日本一を経験。侍ジャパンでは国際大会「プレミア12」の優勝にも貢献した。

 順調だった1年目から一転し、右肘痛に悩まされた昨季は1軍登板なしに終わった。昨年12月に手術した右肘は全治3カ月と見込まれており、現在はリハビリ中。2月の春季キャンプでのブルペン入りを目指している。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ