2年生コンビは「伝統の魂のバレー」で王座奪回誓う

西日本スポーツ

 ◆バレーボール全日本高校選手権(春高バレー)女子準決勝 東九州龍谷(大分)0-3大阪国際滝井(大阪)(9日、東京体育館)

 東九州龍谷の佐村真唯、折立湖雪の2年生コンビは悔しさをにじませた。ライトの佐村が12得点、エース室岡の対角の折立は10得点。佐村は「悪いときは全部室岡さん頼りになる。(室岡の)レフト側にマークがいって、ライト側が頑張らないといけないのに決めきれなかった」と目を赤く染めた。さらに最上級生となる来年の王座奪回へ「ゼロからやり直して、東龍伝統の魂のバレーができるようにやっていく」と懸命に前を向いた。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング