黒地に躍る赤い彼岸花 HKT石安伊「永遠の17歳」にみゅんな注目

西日本新聞 古川 泰裕

 11日に福岡市で開かれたHKT48の成人式。「永遠の17歳」を自称するドラフト3期生の石安伊(20)=愛称「あいみゅん」=は、黒地に赤い彼岸花が躍る「らしさ」全開の晴れ着で異彩を放った。

 「成人式の振り袖どうしよう」と悩む中でデザインを発見、すぐに発注したという。「割と縁起が良さそうな感じの意味もあったので、これで良かったのかな」と満足そう。「かわいいですか」と記者に同意を迫った。

 メンバーが企画から制作まで全てを手掛けるオンライン演劇企画「#劇はじ」では、二つある劇団のうちの一つ「ミュン密」で脚本を務める。2月下旬の上演に向け、さらに存在感を増しそうな個性派は「目標は強いすてきな女性になること。だから、晴れ着も強く気高い感じにしました」。すました表情で語った後、頭に付けた赤いリボンを触り「ギャップ萌(も)えを狙ったんです」と、いたずらっぽく笑った。

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング