キャンプ予定通り実施へ議論、専門家は「NPBとJリーグやれないと東京五輪・パラできない」

西日本スポーツ

 プロ野球とサッカーのJリーグが連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第23回会議が12日、オンラインで開かれ、プロ野球の斉藤惇コミッショナー、Jリーグの村井満チェアマン、専門家チームらが出席した。

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の再発令を受け、プロ野球やJリーグのキャンプ開催について議論。現状ではキャンプ地の自治体や医療機関などと連携し、理解を得ながら予定通り開催するための意見交換、情報交換が行われたという。

 専門家チームの座長を務める賀来満夫氏(東北医科薬科大特任教授)は「検査態勢も含めて、キャンプ地での地方自治体との連携が重要なポイント」と強調した。

 三鴨広繁氏(愛知医大感染症科部長)は「医療体制を逼迫(ひっぱく)させないためにどうすべきか」と前置きした上で「キャンプを行わないとシーズンが行えない。キャンプが遅れると、試合数が減る…などとなる。基本的にはキャンプを延期するという策は考えていない」とした。

 また舘田一博氏(東邦大教授)は「NPBとJリーグがやれないと東京五輪・パラリンピックはとてもできない。大事なエビデンスを出し、手本となるシーズンにしないといけない。メディアの責任も大きいと議論された」と話した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング