ソフトバンク、巨人など6球団 宮崎キャンプ無観客に

西日本スポーツ

 ソフトバンクは15日、2月1日から宮崎県内で春季キャンプを行う予定の西武、オリックス、巨人、広島、ヤクルトとともに、同県内でのキャンプについて政府の緊急事態宣言と宮崎県独自の緊急事態宣言の両方が解除されるまで無観客で実施することを確認したと発表した。

 新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、この日、宮崎県の河野俊嗣知事が発表した「本県でキャンプを行うプロ野球、Jリーグチームの皆様へのお願い」を受けての措置。有観客への移行は国の緊急事態宣言、宮崎県独自の「緊急事態宣言」と「感染急増圏域」(赤圏域)の全てが解除され、状況が改善した場合に宮崎県や受け入れ自治体と改めて検討する。

 ソフトバンクはキャンプに参加する監督、コーチ、選手とスタッフ全員がPCR検査を受け、陰性を確認した上で宮崎へ移動。キャンプ中は「不要不急の外出自粛」など、宮崎県と宮崎市からの行動要請を順守するという。既に発売したキャンプ観覧チケットの払い戻しは、詳細が決まり次第、公式サイトで告知する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ