ソフトバンク東浜、新型コロナ陽性から復帰「味がしなかったけど無理やり食べた」

西日本スポーツ

 新型コロナウイルスに感染した福岡ソフトバンクの東浜巨投手(30)が16日、本格的にトレーニングを再開した。筑後のファーム施設でリハビリ組の練習に加わり、キャッチボールやジョギングで汗を流した。

 昨年12月24日にPCR検査で陽性と判定されて以降は自宅待機を続け「外で動くこと自体が昨年以来。素直に戻ってこられ、ホッとしています」と安堵(あんど)の表情だった。

 ただ、スタッフ3人が濃厚接触者として認定されたこともあり「大事な年末年始を隔離期間ということで不自由な思いをさせてしまったので謝りたい」と神妙に語った。

 「味覚と嗅覚がなく、味がしなかったけど無理やり食べるようにしていた」と体重は維持していたものの、自宅でできるトレーニングも限られており、今月は体力回復を優先的に行う予定。春季キャンプに向け「焦らず急いで体をつくっていきたい」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ