西武新人、若林とブランドンが1軍キャンプ 金子と中村お手本に

西日本スポーツ

 西武は18日、埼玉県所沢市の球団施設で1、2軍の首脳陣が集まる全体会議を開いた。約1時間の会議では春季キャンプの組み分けなどを話し合った。新人ではドラフト4位の若林(駒大)、6位のブランドン(東京農大北海道オホーツク)のA班(1軍)スタートが決まった。

 若林は「A班キャンプに参加させていただけると聞き、自分にとってより吸収できることが多いのではないかと思います。このキャンプではスピードを活かした守備と走塁、打撃ではパンチ力をアピールしたいです。まずは一年間戦うことができる身体にしていくためにも、先輩をはじめチームの皆さんにいろいろと聞いて、気づきを得たいです。(一緒に練習する機会があれば)同じ外野手の金子さんは盗塁王のタイトルも獲得されていますし、話を聞いてみたい気持ちはありますが、まずは金子さんのプレーを見て、感じたいです」とコメントした。

 ブランドンは「A班キャンプに参加させていただくのは、自分にとってもとてもいい経験ができると思います。この中で練習をさせていただき、自分に足りないところを吸収していきたいです。やはり自分は打撃と肩に自信がありますので、そこをアピールしていきたいです。中村選手には打撃についても守備についても聞いてみたいですし、その中でどんどん成長できればと思います」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング