【クローズアップ】中辻地力で乗り切る 【徳山】

西日本スポーツ

 4日目前半6Rは5着だった中辻崇人(43)=福岡=だが、その他はオール3連対にまとめて予選を突破。「中堅はあるが、こぢんまりとした感じ」と目立つ機力はなくても、成績をまとめる手腕はさすがだ。

 安定したレース運びが光っているが、「年齢のせいか、体の反応が落ちてしまった」と全く満足できていない。12月から3連続優出と成績を上げてきたが「たまたま」と一蹴。「客観的に見て、それ以前に優出できていなかった時期が現状の自分の力」。年齢からくる身体能力の衰えと、描くイメージとのズレに、もやもやを隠し切れない。

 ターンで勝負してきた中辻にとって「体に対応したレースをしないといけないが、難しい」と、もどかしい状況が続く。ただ、そんな状態でもA1を維持していることが、何よりも地力の高さを証明している。

 ここ一番でものをいうのは培ってきた力。「ダッシュだとSが届かないから、スローから行く」。自分自身を客観視できる力は、仕上がりもきっちり把握。機力と体をしっかりとマッチさせ、優出切符をつかむ。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング