西武源田が「正直二遊間は無理と思っていた」快挙に挑戦 達成なら遊撃手では史上初

西日本スポーツ 小畑 大悟

■4年連続GG賞へ

 西武の源田壮亮内野手(27)が19日、遊撃手では史上初の守備率10割に照準を合わせた。昨季は菊池涼(広島)が二塁手初の守備率10割を達成。昨季はパ・リーグ遊撃手部門で3年連続3度目のゴールデングラブ(GG)賞を受賞した名手も「『僕もノーエラーで』という気持ちが初めて芽生えた」と決意した。

 昨季はリーグ3位の守備率9割8分3厘(9失策)を記録したが、4年連続のGG賞も目指す源田は菊池涼の快挙に大きな刺激を受けていた。「正直、二遊間で1年間ノーエラーは不可能だと思っていた。菊池さんから『できるんだ』と希望をもらった。僕も目指したい」と強調した。

 コロナ禍の今年は埼玉・所沢の球団施設で中村らと自主トレ。この日はテニスボールを使ったハンドリング練習やマシン打撃などを公開し「(昨季は)もったいない送球エラーが多かった。一塁手が捕りやすいワンバウンド(の送球)も練習している」と明かした。

 4年連続でGG賞を受賞すれば、西武の遊撃手では歴代最長。4度の受賞回数は一時代を築いた松井2軍監督と並ぶ。「守備は一番のアピールポイント。ずっと(GG賞は)取り続けたい」。遊撃手史上初の快挙へ貪欲に突き進む。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング