ソフトバンク育成捕手、高校先輩・城島氏と初対面 漏らした意外な第一印象

西日本スポーツ

 ソフトバンク育成6位の捕手居谷(大分・明豊高)がレジェンドへの意外な第一印象を明かした。新人合同自主トレ第3クールの初日だった18日、明豊高の前身、別府大付高OBの城島球団会長付特別アドバイザーが視察に訪れた。

 あいさつすると「お、後輩か」と声を掛けられたという。「(プレーの)映像をずっと見ていたので…小さいなと」。率直な印象を口にした。20日のフリー打撃では鋭い打球を連発。「打って、守れて、体が強い。自分もそういう捕手になりたい」と改めて城島アドバイザーへの憧れを語った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ