レッズ秋山、ソフトバンク上林に「彼のテーマは整理」合同自主トレ打ち上げ

西日本スポーツ

 米大リーグ・レッズの秋山翔吾外野手(32)が静岡県下田市での自主トレを打ち上げた。西武時代から行っていた場所を拠点に、ソフトバンク上林、西武鈴木らとともに12日から取り組み「この環境で参加メンバーから体調不良の選手が出なかったことと、全員が少し成長したということを考えると、100点かもしれません」と振り返った。

 今回、初めて参加した上林については「たくさんの環境がある中で、僕とやることを選んでくれたことをまずはうれしく思いました」と振り返った。その上で「彼の今年のテーマは『整理』になるんじゃないかな」と指摘した。

 「ホークスという実績ではなく、その年の実力でしか残れないチームの中で、今までのものを整理してポジションを奪わなければならない。その中で、バッティングでいえば、多種多様な攻められ方、打ち方を考える中、大きく崩れないために落ち着かせる、整理するというのが大事かな、と彼と話をして感じました」とメッセージを送った。

 今季の活躍に向けては「この自主トレでメインに取り組んだランニングが、フィジカルはもちろん、メンタルのコントロールに役立ってくれるとうれしいですね」と期待を寄せた。

 自身は、メジャー1年目の昨季は打率2割4分5厘ながら終盤に調子を上げ、7年ぶりのプレーオフ進出に貢献した。2年目に向けて「いや、まず僕も頑張ります!」と自らの活躍に向けて気を引き締めていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ