37歳が「6勤1休」西武栗山が自らをいじめ抜くわけ

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武の栗山巧外野手(37)が21日、過酷な6勤1休自主トレに励んでいることを明かした。埼玉県所沢市で自主トレーニングを公開。通算2000安打まで残り74本として迎える区切りのプロ20年目に向けて、週休1日の過酷トレに着手した。

 「1年間戦える体づくりの期間。今年は6勤1休のペースでやっている。休みたいと思う日でも球場に来て練習する。どんな効果があるのか分からないけど、チャレンジしてみるのはいいのかな」

 ベテランの新たな挑戦だ。共に汗を流す岡田の発案だったという。「今までは不定期に休んでいた。(春季)キャンプでも4勤とか5勤。6勤でやっていたらキャンプが楽になるのかなと思って」。けがにつながらないようにメリハリをつけながらの自主トレ。狭山湖でたこ揚げも行った。「体力強化の一種。無風だったのでたこを揚げるのも大変だった」と笑顔。この日はマシン打撃など軽めのメニューで引き揚げた。

 オフには3年契約を結び、生え抜き初の2000安打に大きなバックアップを得た。「目の前にある打席で一本でも多くヒットを打ちたい。その積み重ねが2000本に近づいてくると思う。どれだけ3月26日の開幕に合わせていけるか。キャンプでも新たな発見があればいい」。金字塔に向け、休んでいる暇もない。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング