「鷹く!」ソフトバンクがスローガンに込めたV10への「本気」

西日本スポーツ 倉成 孝史

 「鷹く!」V10へ-。福岡ソフトバンクは21日、今季のスローガンが「鷹(たか)く!」に決まったと発表した。オンラインでの記者会見に出席した工藤公康監督(57)は、今季の日本シリーズ5連覇だけでなく、V9時代の巨人を超えるV10を目指すことをあらためて強調。偉業へ向けて、現状に満足することなくチーム、そして個々のさらなるレベルアップを求めていく考えを示した。まずは目前に迫った春季キャンプから、リーグ連覇、5年連続日本一へ向けた準備を進めていく。

 今季目指すのはもちろんリーグ連覇と5年連続日本一だが、真の目標はもっと高みにある。2021年、初めて公の場に姿を見せた工藤監督は、新年らしく普段以上に引き締まった表情で会見の席に座った。両手でボードを持ち発表した今季のスローガンは「鷹く!」-。五つほどの最終候補の中から指揮官自身が決定したというその短いフレーズには、はるか高みを目指していく強い思いが込められている。

 「現状に満足することなく、常に上を目指していく。9連覇、10連覇を目指していかないといけない。それ(巨人のV9)を超えられるようなチームづくりが最終的な目標」

 鷹が大空を高く、高く舞い上がっていくように球界の「伝説」となるチームを目指していく覚悟だ。昨季チームは、1965年から9連覇した巨人以来、史上2球団目となる4年連続日本一を達成。現役時代の工藤監督が投手陣の柱の一角として活躍した黄金期の西武ですら成し得なかった快挙だけに、現在のチームはすでに歴史に名を残す強さを誇っている。ただ新スローガンでは、それに甘んじることなく本気で「V9超え」を狙いにいくという思いを示した。

 目指す目標の高さと同じく、チーム全体としての意識も高く持ち続ける。昨季まで日本シリーズでは、2年連続でセ・リーグ王者の巨人を4連勝で圧倒。球界全体に「ホークス強し」を、強烈に印象づけた。今季も投打に戦力は充実しているが、指揮官は「現状維持というのは後退と同じ。常に選手ひとりひとり、勝つために何が必要か。ひとりひとりのレベルアップが何より大事」と、全選手に技術向上を求めていくという。

 個々の能力をさらにレベルアップさせ、ハイレベルな個の集合体として「走攻守において隙のないチームをつくっていく」と最強軍団を構築していく構えだ。昨季は12球団で唯一の2点台となるチーム防御率2・92をマークした一方、総得点はトップの楽天と26点差の531点。「打者は全ての率を上げていく。上がれば得点能力が上がる。最終的にはチームの勝率も上がる」。現状維持を許さない工藤ホークスが高く、高く大空を舞い上がる。 (倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ