西武おかわり君がドラ1よくばり君に「入団時は僕の方が20キロ細い」

西日本スポーツ

 西武の中村剛也内野手(37)が22日、ドラフト1位の渡部健人内野手(22)=桐蔭横浜大=にエールを送った。“100キロ超級”の系譜を継ぐルーキーに「僕みたいな体形。強い打球を打っているし、いい打者になってくれたらいいなと思う」と期待を込めた。

 埼玉・所沢の球団施設での自主トレを公開したおかわり君は、新人合同自主トレでの「よくばり君」を既に目撃している。「俺の方が細い。高校生で入ってきた時、体重は100キロぐらいだったので。(渡部は)118キロでしょ。20キロぐらい僕の方が細い」と自身の入団時を振り返った。

 今年は区切りの20年目を迎えるベテランは入団2、3年目にダイエットに挑戦したことも明かした。「田辺さん(3軍統括コーチ)と『体絞ろう』みたいな感じになった。100キロぐらいから1カ月ぐらいで92、3キロになった。でもリバウンドした」と笑った。

 もちろん同じ三塁のポジションを譲るつもりはない。「試合に出ないと面白くないし、給料も下がる。試合に出ないと何もいいことはない。レギュラー目指して頑張ります」。通算424本塁打を誇る「現役最多アーチスト」は、今年もおかわりを狙う。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング