元バレー代表・迫田さおりが感銘受けた高校生 簡単なようで難しい事

西日本スポーツ

 ◆バレーボール女子元日本代表・迫田さおりさんコラム「心の旅」

 好きな言葉は「心(こころ)」だという。バレーボール女子元日本代表のアタッカー、迫田さおりさんは華麗なバックアタックを武器に2012年ロンドン五輪での銅メダル獲得に貢献した。現役引退後は解説者などで活躍の場を広げる一方、新型コロナ禍が続く東京五輪イヤーの今年、スポーツの魅力を発信しようと初めてペンを握った。

   ◇   ◇   ◇

 笑顔は人を優しい気持ちにします。人を強くもするんです。年明けにテレビ解説をさせていただいた全日本高校選手権(春高バレー)で学びました。解説4年目で初めての無観客。選手のご家族だけでなく、コロナ禍の人数制限で会場に入れない部員もいました。それでも高校生のひた向きさは例年と変わらず熱いものでした。

 中でも女子の誠信(愛知)が忘れられません。2度目の出場で初勝利を挙げ、8強入りしました。準優勝した大阪国際滝井との準々決勝も含めて3試合がフルセット。厳しい試合の連続でも自分たちのバレーを貫き通していました。

 1点を取るたびに皆が笑顔で喜んでいた姿が印象的でした。劣勢でも苦しそうな雰囲気を出しません。これは簡単なようで難しいんです。試合を見ていると、とても良い雰囲気でプレーしているので、相手にリードされていたことに気がつかなかったほどです。悪い展開でも自分たちの強みを発揮できると全員が信じている。どんな1点でもまず喜ぶことが流れを引き寄せる一歩だと。できる、できないにかかわらず「やるんだ!」という姿勢に引かれます。

 バレーボール教室でよく「ムードが悪いときに立て直すには?」と質問されます。誠信のバレーは一つのヒントになるかもしれません。楽しくプレーすることを心掛けたからこそ見る人にも「バレーって楽しいんだ」と感じてもらえる。想いは伝わるんです。

 私の高校時代は鹿児島県でだいたい3回戦止まりでした。春高の出場経験はなく、雲の上の大会。テレビの中の世界でした。日本代表やVリーグの試合とも違う。3年間という期限付きの中、一校一校にドラマがある。ひたすらボールを追いかける姿、格好いいなと尊敬します。

 今回の春高に出場した鹿児島女子のメンバーは昨年開催予定だった鹿児島国体(2023年に延期)に向けて小学生の頃から頑張ってきました。本来なら、地元の大会で大声援を背に頂点を目指したかったはずです。春高を最後に競技から離れる選手もいるでしょう。完全燃焼できる舞台があったことは何よりでした。

 期間中には都内で緊急事態宣言が再発出されました。志半ばで棄権した学校もありました。いつ何が起こるか分からない中、大会を最後まで開催できたことに救われる思いです。春高に出場した選手に限らず、今の生徒たちは急に部活動ができなくなる体験をしています。だからこそ「今」を大切に、仲間と思い切り楽しんでほしい。不測の事態で部活が「明日」停止になっても悔いを残さないように、かけがえのない一日にしてもらいたいです。

 タイトルは「心の旅」に決めました。旅には遠回りも近道もある。後戻りもできるし、立ち止まって考える時もある。困ったら通りすがりの旅人が助けてくれるかもしれません。一人一人に物語があるように感じ方は人それぞれ。自分探しの旅をするように胸の内をつづれたら幸せです。(バレーボール女子元日本代表)

 ◆迫田さおり(さこだ・さおり)1987年12月18日生まれ。鹿児島市出身。小学3年で競技を始め、鹿児島西高(現明桜館高)から2006年に東レ入団。10年日本代表入り。12年ロンドン、16年リオデジャネイロ五輪出場。17年現役引退。身長175センチ。スポーツビズ所属。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング