プロ野球・Jリーグ クラスター発生ならキャンプ中断も

西日本スポーツ

 プロ野球とサッカーのJリーグは25日、オンラインで「新型コロナウイルス対策連絡会議」を開き、キャンプ中にクラスターなど集団感染が発生した場合、専門家チームや、キャンプ地の医療機関と協議して継続の可否を判断する方針を示した。

 プロ野球、Jリーグともキャンプ地入りの前後にPCR検査を実施し、キャンプ中も定期的な検査を続ける。現地の医療体制を圧迫しないよう、原則として感染者は宿泊療養とする。

 複数の感染者が出て現地の医療体制を圧迫する可能性について、東邦大・舘田一博教授は「地域の方たちにご迷惑をかけるような状況になれば、途中でやめるようなことも考えていかないといけない」と発言した。

 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは「キャンプ中断の条件を頭に入れておかなければいけないが、自動的な(中断の)ルールを作るのは難しい」とした上で「クラスター的な現象が発生したら考えないといけない。(専門家チームの)先生方と相談すると同時に、地元の医療機関との判断で中断するか決めざるを得ないだろう」と述べた。

 感染が拡大している自治体の要請を受け、プロ野球は全球団が当面、無観客でキャンプを実施。Jリーグもサポーターに見学自粛を呼び掛けている。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング