丸野大会連覇へ王手 開設67周年記念 【からつ】

西日本スポーツ

 からつボートのG1開設67周年記念「全日本王者決定戦」(優勝賞金1000万円)は最終日の27日、準優を勝ち上がったベスト6が12Rで優勝戦を争う。26日の準優3番は、10Rの山田康二、11Rの丸野一樹と相次いでイン速攻。ただ12R1枠の深川真二は、インから先マイこそしたが膨れ、古賀繁輝が差して1着。深川は松井繁や新田雄史にも差されて5着。3連単は4万円超の大波乱だった。この結果、ファイナル1枠には前回覇者の丸野が収まり、大会連覇と2節連続G1Vに挑む。6人が準優入りしていた地元勢は山田康と古賀の2人が優出。特に古賀はG1初Vが懸かる。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング