HKTオンライン演劇「劇はじ」のチケット販売開始 メイン画像も公開

西日本新聞 古川 泰裕

 HKT48のメンバーが企画から出演まで全てを手掛けるオンライン演劇「HKT48、劇団はじめます」(以下「劇はじ」)のチケット販売が27日、始まった。チケットはオンラインで購入するデジタル式で、一般が2800円、18歳以下は500円。公演ごとの「反省会」も視聴可能な「バックステージセット」は4800円。2月3日までに申し込んだ上で1000円を上積みすると、メンバーの手書きメッセージとサインが入った紙のチケット、その名も「カミチケ」を手に入れることができる。

 昨年10月にスタートした「劇はじ」は、フルリモート演劇の先駆け「劇団ノーミーツ」の指導を受けて進行。立候補したメンバーは「ごりらぐみ」と「ミュン密」の2劇団に分かれ、アイドル活動の傍ら「Zoom」でオンライン会議を重ね準備に当たっている。演目は「不本意アンロック」(ごりらぐみ)と「水色アルタイル」(ミュン密)に決定。ティザー画像の撮影直前にテーマががらりと変わったり、脚本を書き上げるのに苦労したりと紆余(うよ)曲折はあったが、年明け以降は稽古も本格化している。

 チケット販売開始に合わせ、メインビジュアルも公開。それぞれの作品で主演を務める堺萌香(ごりらぐみ)と石橋颯(ミュン密)を中心とした構図で、「不本意アンロック」は扉をモチーフに内向的な人物同士の距離感を表現。高校の教室で撮影したという「水色アルタイル」は制服姿の登場人物が淡い光の中で談笑する爽やかなもので、対照的な印象を抱かせる仕上がりとなった。

 上演日は2月20、21、23、27、28日の5日間。2劇団が1日に2回ずつ上演するスケジュールで、開演時間は11時、14時、17時、20時となっている。会場は「劇団ノーミーツ」がプロデュースするオンライン劇場「ZA」=https://za.theater/で、チケットも同劇場から購入できる。 (古川泰裕)

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング