ソフトバンク柳田、千賀まさかのリハビリ組、周東B組スタートのワケ

西日本スポーツ

 タカの投打の柱がリハビリ組でキャンプをスタートする。柳田は両アキレス腱(けん)、千賀は両ふくらはぎの状態が整わないため。また周東は昨年も痛めた右肩の状態を考慮されてB組に回った。工藤監督は「まずしっかり治してもらう」と話した。

 いずれも自主トレ時に不安が出たという。柳田は27日に筑後のファーム施設で自主トレを公開した際、ランニングはしなかったがフリー打撃を精力的にこなした。千賀も筑後で練習に取り組んでいる。

 工藤監督はA組合流の時期について「トレーナーから経過を聞きながらタイミングを計っていきたい」。昨季の過密日程も考慮したとみられ「A組で若い選手の手本になってほしいが、彼らも一生懸命やった上でのこと。いい調整をして開幕に間に合ってくれたら」と語った。周東についてはさらに程度が軽いと説明。「B組で少しずつキャッチボールの距離などを伸ばし、A組に来ても(メニューの)制限のない状態をつくる流れになる」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ