一山麻緒は「走りやすい」コロナ禍で異例コース、大阪国際女子マラソン

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 第40回大阪国際女子マラソン(31日・長居公園)に出場する有力選手が29日、大阪市内で会見し、東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)=鹿児島県出水市出身=と前田穂南(天満屋)らが意気込みを語った。

 一山は「日本記録を目指して練習してきた」と2005年に野口みずきが出した2時間19分12秒の更新に意欲を見せた。新型コロナウイルス感染拡大を受け、コースが変更。公園内(約2・8キロ)を約15周する形で実施される。昨年3月の名古屋ウィメンズでは日本歴代4位の2時間20分29秒で優勝。その後も5000メートルと1万メートルで自己記録を更新するなどスピードを磨いており、異例の周回コースに「フラットで走りやすい印象。11~12周目までゆとりを持って走りたい」と自信を見せた。

 前田も「2時間20分を切りたい」と好タイムを誓った。(伊藤瀬里加)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング