コロナ禍に翻弄された世代 オリのドラ1舜平大が母校後輩に託した願い

西日本スポーツ

 第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)の出場32校を決める選考委員会が29日、初めてオンラインで開催された。昨秋の九州大会準優勝の福岡大大濠は4年ぶり5度目となる春の甲子園に挑む。

   ◇   ◇   ◇

 福岡大大濠の曽野正純校長から、校内の中庭に集まった部員に吉報が届くと、見守った一般生徒らの拍手が飛んだ。川本康平主将(2年)は「3年生が卒部後も練習の手伝いをしてくれ、九州大会で準優勝できた。甲子園では3年生のことも考えながらプレーしたい」。コロナ禍で涙をのんだ先輩の分まで聖地で大暴れすることを誓った。

 目指すのは、最高成績となる4強だ。春の出場は4年ぶり5度目。前回出場の2017年は、エース三浦銀二(法大)の活躍もあり、準々決勝まで進んだ。「大濠は春夏を含めてベスト8までしかいけてない。まずはベスト4が目標」と八木啓伸監督。昨秋の九州大会では攻撃力に課題を感じたと明かし、現在はスローボールを中堅に打ち返す練習を中心に打撃力の向上を図っている。

 一方、八木監督が「守りのチーム」と話すように、左腕エース毛利海大(2年)を中心としたディフェンス面には自信を持つ。毛利は九州大会で2試合を投げ、1失点23奪三振と好投。直球の最速は140キロだが「もっと球速も上げたいし、きれも出したい。ブルペンで投げても冬のトレーニングの成果を感じられている」と、レベルアップに手応えをつかんでいる。

 聖地での好投で、尊敬する先輩に恩返しするつもりだ。1学年上のエースでオリックスのドラフト1位の山下舜平大からは昨秋、「おまえがしっかり投げて甲子園に連れて行け」と激励を受け、今月上旬までともに練習を行ったという。「先輩方は力があって『絶対に甲子園にいける』と言われていた代だった」。コロナ禍に翻弄(ほんろう)され、最後の夏の甲子園への道を絶たれた先輩の思いも白球に込める。(倉成孝史)

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング