いきなり9時間超!ソフトバンク小久保ヘッドのキャンプ初日を追った

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク宮崎春季キャンプ(1日、宮崎・生目の杜運動公園)

 9年ぶりに福岡ソフトバンクに復帰した小久保裕紀ヘッドコーチ(49)が、春季キャンプ初日からさっそく打撃改革に乗り出した。

 1日1000スイングをノルマにする中、野手陣の練習を2グループに分け実施。スイングする時間を確保し、全体練習後も日が暮れるまで徹底指導した。

 ◆小久保ヘッドコーチの初日の動き

 午前8時51分 背番号90のグラウンドコート姿で工藤監督らとともに球場入り。

 同9時18分 室内練習場で投手のスクリーニングテストを視察。

 同10時47分 野手のスクリーニングテストを視察。

 同11時20分 メイン球場で投手のウオーミングアップを視察。

 午後0時半 ユニホーム姿で野手のウオーミングアップを視察。ランニングメニューで悪戦苦闘のリチャードに苦笑い。

 同1時43分 栗原とキャッチボール。

 同1時50分 リチャードにキャッチボールを指導。

 同2時10分 佐藤直のティー打撃を見守る。

 同2時20分 ロングティー中の佐藤直に身ぶり手ぶりを交えて膝の使い方を指導。

 同2時46分 ティー打撃で松田に右手の使い方を指導。

 同3時25分 リチャードにトスを上げながら指導。

 同4時3分 室内練習場で野手の自主練習を視察。

 同4時10分 室内練習場で佐藤直をマンツーマンで打撃指導。下半身の使い方を熱心に伝える。

 同4時43分 上林に打撃指導。

 同5時4分 藤本2軍監督と意見交換。

 同5時52分 高田、川島の打撃練習を見届け、メイン球場に戻る。

 同6時3分 取材に応じた後、メイン球場を引き揚げる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ