ソフトバンク城島アドバイザーが得意の「釣りトーク」で我慢の日々明かす

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(2日、宮崎・生目の杜運動公園)

 城島健司球団会長付特別アドバイザー(44)がお得意の「釣りトーク」で報道陣を沸かせた。

 練習中に取材対応した城島アドバイザーは、青空も見られたキャンプ地の天候に「釣りがしたくなる? そりゃありますよ、もちろん。でも10日までは球団の仕事なんで。そういう思いはなくすわけじゃないですけど、小さく」と我慢の日々を強調した。

 話題が苦手のデスクワークに及ぶと、「パソコン得意じゃないんですよね。パソコンのクリックがあまり得意じゃないんですよ。だから今、習ってます」と勉強中であることを明かし、「針の結び方とか糸の直結の仕方とかはいっぱい知っているんですけど」とちゃめっ気を見せた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ