J1福岡、練習試合でJ3宮崎に敗れる 長谷部監督は渋い顔

西日本スポーツ

 J1アビスパ福岡は2日、宮崎市の生目の杜運動公園陸上競技場でJ3宮崎と練習試合を行った。

 チームにとって今季初の対外試合で、初黒星を喫した。今季からJ3に参入する宮崎に対し、2本目で先制点を許すと、3本目に追いつきながら、終盤に勝ち越し点を与えた。ともにサイドを崩されての失点で、10人の新戦力が加わったチームの連携に課題を残した。

 長谷部監督は「選手たちが動けるかどうか、という点では狙い通りだった。結果を出せなかったので修正しないといけないところがたくさんある。改善します」と渋い表情で振り返った。

 昨季と同じ4-4-2のシステムを採用し、4人のGKに出場機会を均等に与えるなど、戦力の見極めを図った。長谷部監督は「開幕はまだ先になる、と言っていられないほど、いつの間にか時間は過ぎる。スピード感を持って修正し、一つのチームになるようにしたい」と気を引き締めた。

 ▽練習試合(40分×3本)

 福岡1(0-0、0-1、1-1)2宮崎

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング