開幕戦は吉岡詩織が逃げ切り勝ち ミッドナイトF2  【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のミッドナイトF2(岸和田市主催)が2日、開幕した。オープニングレースは、吉岡詩織が人気に応えて白星発進。鐘3半からカマして後続の追撃を許さぬ逃走を演じた吉岡は「ペースで最後まで踏み切れた。いつもはバック過ぎから気持ちだけで走っているが、きょうはあともう半周くらい行けるかな、という感じだった」。脚の感触はもちろん、気分も上々だったが、最後にポツリと「初日は良かったけど、女ってコロコロ変わるから」とおどけた。初日の動きならあっさり連勝で決勝に進めそうだが・・・。再び1R1番車で登場する彼女に注目したい。初日メインの9R特選は、山本巨樹が、逃げた清水剛志マークから差し切った。

【小倉競輪ミッドナイト20210203出走表】


<各レースの見どころ>

(1R)脚の感触も良かった吉岡で堅い。焦点の次位争いは差がないが、筆頭格は自力の脚を持つ山口か。
【3連単】1-2-345。


(2R)力上位の坂口を脅かすのは、着実に戦闘力を上げている118期の永礼。小倉バンクには苦手意識があったそうだが、初日を終えて走り方をつかめた様子。
【3連単】1-2-345。


(3R)下沖がきっちりと主導権を握って、そのまま押し切りへ。マークする足達と九州ワンツー。
【3連単】1=3-247。


(4R)自力タイプの機動力比較では山口が優勢。ただし番手の服部が離れる可能性も。
【3連単】1-7-234、1=3-246。


(5R)先行が有力な横内は、唯一3車とラインにも厚み。地力ある土岐の台頭にも注意が必要。
【3連単】3=2-145。


(6R)積極的な先行タイプは不在。逃がされそうな秋山をマークする梶山が最後はきっちり差す。
【3連単】1=2-543。


(7R)橋本は初日、突っ張り先行から踏み直しての1着と力強い勝ちっぷり。その橋本に任せる有賀に白星チャンス。
【3連単】2=7-351に、3車とラインの厚みがある利根が先手なら3=5-1267。


(8R)積極果敢に駆ける高田を得た山本が有利に運べる。3番手の辻まで流れ込む。
【3連単】1-3-625。


(9R)伊藤は修正点こそ残すが、状態が前走名古屋よりもいいのは確か。川口ラインの後位から機を逃さず捲る。
【3連単】2-4-135。川口奮闘なら近藤に好展開で1-234-234。
 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング