ソフトバンクの左キラー嘉弥真が150キロ宣言「中継ぎ陣はみんな球が速い。負けたくない」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(3日、宮崎・生目の杜運動公園)

 左キラーの嘉弥真新也投手(31)が、5年連続の50試合以上登板を目指す今季の目標に「球速150キロ到達」を掲げた。

 9年目の昨季は最速147キロをマークし、オフにはウエートトレーニングを重ねて体重が3キロ増の73キロになった。「うちの中継ぎ陣はみんな球が速いんで。『負けたくないな』という気持ちだけ。体重が増えた分を、球速につなげていけたら」とスピードへのこだわりを見せた。

 3日はブルペンで真っすぐのみを65球。「目標は150キロとは言わないですけど…150キロ出るかな。出ないとは思うんですけど、そこを目指して頑張ります」と、控えめながらも「豪腕」への変身を誓った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ