ソフトバンク森、調整は順調でも…明かした悩みとは

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(5日、宮崎・生目の杜運動公園)

 森唯斗投手(29)が新たな「弟子」探しを宣言した。

 第2クール初日はブルペンで真っすぐを40球。「自分のフォームで強い球を投げられた。投げることは順調にきている」と自身の状態については満足そうだった。

 一方でキャンプに入って生まれた悩みも吐露。「A組(1軍)に僕の弟子がいないんです。奥村はB組(2軍)で甲斐野もリハビリ組だし。新しい弟子を探そうかと…」。ともに自主トレを行った経験のある2人がいないことにさみしさを感じたのかしょんぼり。新たな候補を見つけるべく、辺りを見渡していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ