3月グラウンドオープンする西武本拠地 松井2軍監督が選ぶ新スポットベスト3とは

西日本スポーツ

 西武が3年計画で進めているメットライフドームの改修工事は最終段階に突入し、3月にグランドオープンを迎える。球団は5日、工事の様子を「メットライフドームエリア改修工事トピックス」として報道陣に配信。今回は2002年にトリプルスリー(3割、30本、30盗塁)を達成した松井稼頭央2軍監督がおすすめする新スポットベストスリーを紹介する。

 第3位 「テイキョウキッズフィールド」

 やっぱり子どもたちにも球場を満喫してほしいですからね。たくさんの遊具が新設されて、きっと子どもたちも喜んでくれるでしょう!

 第2位 「Lビジョン」

 大きなビジョンは迫力があっていいですよね!昨シーズンまでと比べて2倍くらいの大きさになるんでしょ!?リプレイやファンを盛り上げる演出など、楽しみですね。

 第1位 「ダグアウトトップシート」

 (工事中のエリアを見学して)ほ~、こんな感じなんや~、これはすごいね~!!ベンチの真上って、今までこういう臨場感のあるエリアはなかなかなかったですよね。ライオンズの選手の一員になった気分で、ぜひこの席で応援していただき、そして一緒に戦ってもらいたいですね。それにしてもすごいな~!(笑)

 この他にも、見どころ満載の新生メットライフドームエリア。松井2軍監督は「いや~、まさに『ボールパーク』という感じですね。」と笑顔で話す。「昨シーズンリニューアルしたCAR3219フィールドでは、ファームの選手たちがいつかメットライフドームでプレーするために奮闘しています。それに、ファームの試合も何試合かは、このメットライフドームでの開催を予定していますからね。今から本当に楽しみです」と若獅子たちの奮起を期待した。

 最後に松井2軍監督は今季の意気込みについても口にした。「今年は勝敗にもこだわっていきたいですね。目の前の一戦一戦を大事に戦っていきます。コロナ禍でファンの皆さんも我慢を強いられているかと思いますが、そんな中でも若獅子たちの成長を見守っていただけたらうれしいです」とライオンズファンに熱いメッセージを送った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング