J2北九州「怖がらず」3得点 J1王者相手に小林監督手応え

西日本スポーツ 古瀬 哲裕

 沖縄県で2次キャンプを行っているJ2ギラヴァンツ北九州は9日、同県中城村でJ1川崎と練習試合を行った。45分3セットの試合は合計3-6で敗れたものの、新加入の前川大河が昨季のJ1王者から2得点を奪うなど得点力を見せた。

 今季初の対外試合。チーム“初ゴール”は2年目の佐藤亮だった。高橋大悟のマークで相手がこぼしたボールを蹴り込み、「昨年はFWでの出場が少なかったので、どんな形でも得点にこだわりたい」と幸先の良い結果に手応えをつかんだ。

 J2山形から移籍してきた前川はドリブルで自ら運んでゴールにつなげるなどアピールに成功。「思い切って仕掛けたのが良かった。北九州は攻守両面でアグレッシブ。きついけど楽しんでやれている」と充実ぶりを強調した。

 川崎とは昨年のキャンプでも練習試合を行った。小林監督は「相手が本気になった。双方とも昨年より積極的な試合ができた」と評価。カウンターなどからの失点はあったが「怖がらず攻めた結果。新しいチームが楽しみ」とうなずいた。

 2次キャンプは14日までの予定。27日にホームで新潟と戦う開幕戦に向け、練習試合を重ねて戦術を確認する。 (古瀬哲裕)

PR

ギラヴァンツ北九州 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング