J1福岡に新加入の杉本、外から見た「長所は一体感」

西日本スポーツ

 J1アビスパ福岡は10日、福岡市で練習を公開し、長谷部茂利監督が9日に打ち上げた宮崎でのキャンプを総括した。「現状はまだまだ。感触はいいので、これから連携がもっと高まっていけばいい」とチームの状態を語った。

 1月30日から始まったキャンプでは、J3宮崎との練習試合など、実戦も経験。新戦力のチームへの融合について「コンビネーションは、いろいろ試している。時間が解決する部分もあるでしょう」と期待を寄せた。この日はランニングなどの約45分間の調整で切り上げ、今後は地元でチーム力の熟成を図る。

 J2松本から加入した杉本は「昨年、外から見ていてアビスパの長所は一体感と思っていた。みんなアグレッシブで戦術を守ろうと意識している」と手応えを口にした。

 コロナ禍で新外国人選手のクルークスの合流が大幅に遅れる誤算もある中、開幕まで約2週間となった。長谷部監督は「戦力は整っている。完成形で開幕を迎えることは難しいかもしれないが、少しでも近づけるようにしたい」と誓った。(松田達也)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング